SFA・CRM(営業管理・顧客管理システム)のクラウドサービス「クラウドビート」

SFA・CRMを導入するとどのような効果があるのか (はじめて導入をご検討の方へ)

SFA・CRMとは

SFAはSales Force Automation、CRMはCustomer Relationship Managementの略であり、それぞれ「営業管理システム / 営業支援システム」、「顧客管理システム」などと訳されます。
「SFA」はシステムを示す用語ですが、「CRM」は本来、顧客管理の概念を表す言葉であり、システムを示す用語ではありませんでしたが、今では「CRMを行うためのシステム」とほぼ同義になっています。
また、「SFA」「CRM」には明確な区別があるわけではなく、昨今ではこれらを区別せずに「SFA・CRM」と呼ばれることも多くなりました。

では、SFA・CRMはどのようなシステムかと言うと・・・

SFA・CRMの「営業管理システム / 営業支援システム」を言葉どおり解釈すると、営業管理・顧客管理の何かしらの足しになる仕組みなので、 得意先との取引履歴の紙の台帳、Excel表や、名刺管理ソフトもSFA・CRMと呼べるでしょう。
しかし、ハートビートシステムズでは
日々の営業活動や、抱えている案件の状況などの情報を、各営業担当が登録・更新することで、
   営業管理資料の作成、営業戦略判断・部下育成に必要なデータ分析をリアルタイムに行うとともに、
      各営業担当の頭の中にある顧客情報を、会社の財産として誰でも引き出せるデータベースとして蓄積することによって、
        営業としての数字(売上、粗利など)を創っていくための様々な支援をするツール
と考えています。

では、SFA・CRM「クラウドビート」を導入したときの効果は

  • ・今日は誰がどこに行ってどんな商談をしたのか、それぞれの案件がどのような状況になっているのかなど、全社の営業が見えるようになります
    (営業活動実績の登録・検索機能)
  • ・目標はいくらで、着地見込はいくらで、不足額を補うために何をしなければならないのか - といった営業のPDCAサイクルを自ら回す、自律型営業人財の育成を促進します
    (報告書作成機能、トップ画面の業績状況表示機能、コメント機能)
  • ・案件について、次はいつどのようなフォローするのかを明確にし、期限を超過したものはアラームを出し、案件情報の放置を防ぎます
    (トップ画面の期限超過案件表示機能)
  • ・案件履歴、商談履歴、クレーム履歴といった顧客情報を全てシステムが持っているため、顧客情報の属人化を防ぎ、担当交代をスムーズに行うことができます
    (顧客情報参照機能)
  • ・案件フォロー状況の一覧、最大で24か月先までの月別売上見込みなど、営業管理資料を随時出力することができます
    (各種帳票出力機能)
  • ・見積書、受注票など案件に基づく帳票の作成時間を短縮できます
    (各種帳票出力機能)
  • ・PDCAサイクルに則り、短時間で内容の濃い営業報告書を作成することができます
    (報告書作成機能、トップ画面の業績状況表示機能、コメント機能)
  • ・社外からでもスマートフォンなどを通じて本システムを利用し、顧客情報など様々な情報を確認できます
SFA・CRM「クラウドビート」
営業管理・顧客管理システムのクラウドサービス「クラウドビート」
営業日報をベースとしたSFA・CRM「クラウドビート」のイメージ
予定イメージ

SFA・CRMを導入する際の注意点

SFA・CRMが自社の営業形態に合ったものでなければ、お金をかけて導入しても成果を上げることはできません。
まずは「試着」して、自社に合っているかどうか、確認してみることが大事です。
クラウドビートは、貴社に合わせたカスタマイズ設定を施した上で、無料にてお試しいただくこともできます。
つまり、貴社用カスタムメイドのSFA・CRMを試着して、導入可否をご判断いただくことが可能です。
また、SFA・CRMは導入しただけでは成果は出ません。定着しPDCAサイクルを回してはじめて成果を出すことができます。
弊社では、導入時だけでなく、導入後においてもSFA・CRM定着のための活用フォロー研修も実施するなど、
「仕組み(システム)」「環境づくり」「フォロー研修」の3つの角度から定着のノウハウ
を持っています。
もしSFA・CRMの導入をご検討でしたら、ぜひお問合せください。
 
SFA・CRM導入成功の必須条件は
「システムが自社の営業形態に合っていること」
まずは30日間無料お試しをご利用ください!